• マイナビ エントリーはこちら
  • リクナビ エントリーはこちら
Menu

入社後について

スタートは「現場」から

入社後はまず2週間の新入社員研修。その後、ヒラキンでの仕事は全員が工場での現場作業からスタートします。
将来、営業や総務の職に就くとしても、なぜ全員が現場からスタートするのか。
それは、年代も種類もさまざまな「片付けもの」が集まる「現場」で、これらを実際に「見て」「触って」「運んで」「リサイクルする」ことにより、素材別の特徴や機械・設備についての基礎的な知識を身につけ、仕事の段取りやお客様とのコミュニケーションの取り方などの大切な経験を、社員全員で共有するためです。
その後、「現場のエキスパート職」「工場管理職」「営業職」「総務・管理職」など適材適所の人事が行われ、各人が専門性を磨いていきます。初めに経験した「現場」で学んだ知識や技術は、新しいリサイクルを生み出す原動力にもつながります。

スタートは「現場」から笑顔でハピネス!(えこ便西古松局)

スタートは「現場」から技術開発部門の人材も求めています(西大寺工場・技術開発センター)

スタートは「現場」から巨大なオリジナルプラント(リサイクルファーム御津)

資格・免許取得について

リサイクルの現場ではさまざまな資格や免許が必要です。例えば工場内でのフォークリフトや天井クレーン等の荷役関係から、現場でのフロンガス回収やガス切断作業で必要な資格等。これらを取得していくことで、現場のプロフェッショナルとしてステップアップができ、仕事の幅も広がっていきます。
そして、工場を運営する上で必須となる管理者資格の取得や各種業務の経験を重ね、チームリーダーやプロジェクトリーダー、各種業務や工場の管理者へとキャリアアップを果たします。責任者の中には10種以上の資格を持っている人も珍しくありません。
資格・免許の取得に対しては、費用面はもちろん、社内勉強会の開催、先輩からのレクチャー、個別教育など、会社を上げて社員をバックアップしています。
会社説明会で「入社前に取得しておく資格はありますか?」と質問をいただくことがありますが、必要な資格は前述の通り、入社後に順次、取得していただきますので、安心してください。

資格・免許取得について入社以来、取得した免許と資格は30種!(本社総務・管理部 部長 倉地淳治)

全員で「うらじゃ」

入社1年目の社員は全員、チームワークを磨く研修の一環として、有志の先輩社員と一緒に、地元岡山の夏祭り「うらじゃ」に参加します。数カ月間、終業後に演舞の練習を続けることは体力的にきつい部分もありますが、同期や先輩とコミュニケーションを取りながら励まし合い、支え合って練習を重ね、本祭を終えた後には、感動とすがすがしい達成感を味わいます。
こうして1年目の夏を乗り越える頃には、チームワークだけでなく、社会人としての「自覚と強さ」も身についていきます。

全員で「うらじゃ」どこまでも熱い! リサイクルダンサーズ